悲しい別れ。だけど、大好きだった想いは消えはしない。







入院している祖父の見舞いに行ったとき、「はじめまして」と声を掛けられた男の子。きっと病気は良くなると悲しさに耐えていたけれど、贈ったお守りがグシャグシャにつぶされていたのを見て、耐え切れずに男の子は病室を飛び出したのですが――

悲しい別れ。だけど、大好きだった想いは消えはしない。

みんなの反応















コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です