不思議なサービスエリアも存在するものですね!







高速道路のSA(サービスエリア)ってお土産を買ったり、食事をしたり、帰省や旅行、出張といった高速道路の旅の楽しみのひとつですね!ご当地グルメや、珍しいお土産を見つけたらうれしいものです。
そんなSA、約50キロほどの間隔で設置されるようになっているようで、その関係で、トイレと自販機と駐車場しかないSAも全国に存在するようで、その一例が新潟県にある豊栄SAです。なぜ、そんなSAが存在するようになったのか、設置間隔と交通量との関係があるようですね。
施設が少ないSAですが、トラックドライバーの方の休憩スペースにはいいかもしれないです。
このSAはICとしての位置づけもあるようで、ICとしての役割も果たしているのかもしれません。

不思議なサービスエリアも存在するものですね!















コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です