まさに神業! 3Dアートが出来上がるまで







ガラスのボトルを描いている動画なのですが、出来上がりはもう本物にしか見えない作品です。
まず、下描きをし、さっと色が塗られるあたりは、ごく普通の絵で、自分でもかけそうだと思えます。しかし、どんどん動画が進むにつれ、それは大きな間違いだと気付かされます。
どんどん重ねられる色が、みるみるうちにガラスの質感を生み出してい、まるで魔法でもかけられているかのようです。キャップのアルミ感に、ラベルの紙らしさ、中の液体感。同じ画材であるはずなのに、全く違う質感が瞬く間に出来上がります。
そして、最後に影をつければ、ただ紙の上にボトルが置かれているだけのように見えるという素晴らしさ! 作製動画を見続けていたのに、本物に思えてしまう出来上がりに感服します。

まさに神業! 3Dアートが出来上がるまで















コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です