突然の別れ! 覚悟を決めていた死神の前では、なすすべもなく…







自分に恋した死神と暮らす主人公の部屋に、突然、冥府の者がやって来た。「死神が人間に恋をするのは重罪」だと言い、極刑にするために死神を捕らえるという。主人公は当然抵抗するのだが、死神はそれを跳ね除けて――

突然の別れ! 覚悟を決めていた死神の前では、なすすべもなく…

みんなの反応















コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です