奈良の鹿は、人間に慣れていて可愛い







休日の奈良公園は、昼頃になると観光客と鹿で賑やかになります。人が集まる場所には、鹿がいて「鹿せんべい」を求める光景が定番です。鹿せんべいは、10枚で150円になり訪れた人は土産より買う事が多いです。鹿せんべいを売店で買った瞬間、鹿はちゃっかり見ています。片手でせんべいを出すと、鹿はパクリと食べて美味しそうです。

この瞬間、鹿に癒されて動物と触れ合う楽しさを感じるものです。また、奈良公園は、面積が広く鹿は至る場所に存在しています。広場以外の、細道や墓周りなど、歩いていれば鹿に遭遇出来て「来て良かった」と思えるはずです。しかし、中には、人に慣れていない子供の鹿もいて警戒をしています。鹿せんべいを差し出しても、逃げ越しで恐る恐る食べる姿も。最後の赤い鳥居の鹿は、誰かを探しているのでしょうか?

奈良の鹿は、人間に慣れていて可愛い















コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です