なでてもらいたいことをアピールする健気な犬







なでているときは機嫌がいいような顔をしますが、辞めた瞬間に落ち込んだような顔をするという対極的な行動が特徴です。

なでてもらっているときは自分のことを好きだと分かり、カメラに対して口を開けてアピールします。しかし、辞めた瞬間に無愛想な顔になって「俺のこと嫌いなのか」と向こうのほうを向いてすねたような態度をするなど甘えん坊のようです。

犬はやはりなでてもらわないと不安になるようで、甘えん坊としての一面が垣間見えてしまいます。両極端な犬の態度がなかなかおもしろいもので、典型的な寂しがりやさんという感じです。まさに、表情の変わり方があからさまなため、ずっと付き添ってやらないといけないような感じがします。

なでてもらいたいことをアピールする健気な犬















コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です