助けられた人になつくキツネ







助けられたキツネがそのまま立ち去る人になつき、さすがに何とかしないとまずいと思ったのかそのまま服を着せて自宅に持って帰って保護をします。

キツネの自宅での様子はお腹が空いたのか餌を必死になって食べ、その後は丁寧に体を洗ってもらっています。

そして洗い終わったあとはきれいな体になり、幸せそうな顔をする姿にほっこりするものです。

キツネは助けてくれた女性に対し好きになったようで、なついているためかわいがってもらっています。

また、犬と遊ぶなど家族の一員になったようで、やはり家族は良いものだと思わせてくれます。

最後のシーンでは夕日とひまわりのシーンがありますが、キツネが幸せに暮らせるように願っているようにも感じさせてくれます。

助けられた人になつくキツネ















コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です