思わず「わかる!」とバイトくんと手を取り合いたくなる実体験。こういうお客さんはどこにでもいるのでしょうが、植え付けられた恐怖心はしぶといものです。

思わず「わかる!」とバイトくんと手を取り合いたくなる実体験。こういうお客さんはどこにでもいるのでしょうが、植え付けられた恐怖心はしぶといものです。







バイト中、閉店間際なので商品を見ているお客さんに親切で声をかけたバイトくん。けれど、それが恐怖の始まり。閉店時間が来たらレジが閉まるので、購入希望ならばお早めにお願いしますという話が、なぜか「試着もしていないのに会計しろと言われた」に。怒涛の”口撃”に圧倒されるバイトくんの頭の中にあるのは、自分が頼れる「話し合う」という会話コミュニケーションが取れない恐怖。そうして、バイトくんを恐慌におちいらせたまま捨て台詞をはいて去るお客さんですが、……お客さんにとってはなんてことはない出来事だったようです。

思わず「わかる!」とバイトくんと手を取り合いたくなる実体験

みんなの反応









思わず「わかる!」とバイトくんと手を取り合いたくなる実体験。こういうお客さんはどこにでもいるのでしょうが、植え付けられた恐怖心はしぶといものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です