大好きな子どもになつかれた嬉しさを前にすれば、妖怪だろうが悪者だろうが、鳥の糞だろうが、どーんとこい!

大好きな子どもになつかれた嬉しさを前にすれば、妖怪だろうが悪者だろうが、鳥の糞だろうが、どーんとこい!







大の子供好きな主人公。けれど、高校生にして顔の怖さから、一度として子供になつかれたことがない。泣かれて恐がられて怯えられてばかりであったのに、なぜか見知らぬ子供がいきなり懐いてきて、気分はうなぎのぼりにハイに。なので、子どもが自分を妖怪だと言ったって気にしない…!?

大好きな子どもになつかれた嬉しさを前にすれば、妖怪だろうが悪者だろうが、鳥の糞だろうが、どーんとこい!

みんなの反応















大好きな子どもになつかれた嬉しさを前にすれば、妖怪だろうが悪者だろうが、鳥の糞だろうが、どーんとこい!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です