愛が重すぎる飼い主に、飼い猫は恐怖を感じているのだけれど……構われないのは寂しいみたい

愛が重すぎる飼い主に、飼い猫は恐怖を感じているのだけれど……構われないのは寂しいみたい







自分の匂いを嗅ぎ、尻尾やお手てに触れては、美味しそうを連発する飼い主に、猫は恐怖でいっぱい。顔をこわばらせ「食べるの…?」と、戦々恐々。反撃すれば、お礼を言われて、変態さにドン引き。けれど、そんな飼い主が大人しいと気が気じゃなくいようです。

愛が重すぎる飼い主に、飼い猫は恐怖を感じているのだけれど……構われないのは寂しいみたい

みんなの反応









愛が重すぎる飼い主に、飼い猫は恐怖を感じているのだけれど……構われないのは寂しいみたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です