幼いこどもだと思っていたら、ゆっくりでも着実に成長して大きくなっている。それは嬉しくて、ちょっぴり切なくて……恥ずかしい!?不意打ち好意に思わず赤面!

幼いこどもだと思っていたら、ゆっくりでも着実に成長して大きくなっている。それは嬉しくて、ちょっぴり切なくて……恥ずかしい!?不意打ち好意に思わず赤面!







お隣の男の子は、ポーカーフェイスでのんびり屋であるけれど、小さいころから面倒を見てきた主人公にとっては何でもわかる素直な子。男の子が言葉で言うよりも前に言いたいことが察知できるのは、まるで男の子限定の超能力のよう。そう自負していたのに、最近は少しわからない。目を合わせてくれなくなった男の子を前に、悩む主人公。ですが、思わぬところから男の子の心境を知ることになるのです。

幼いこどもだと思っていたら、ゆっくりでも着実に成長して大きくなっている。それは嬉しくて、ちょっぴり切なくて……恥ずかしい!?不意打ち好意に思わず赤面!

みんなの反応















幼いこどもだと思っていたら、ゆっくりでも着実に成長して大きくなっている。それは嬉しくて、ちょっぴり切なくて……恥ずかしい!?不意打ち好意に思わず赤面!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です