病気の妻を献身的に支える夫と、夫のことはもちろん自分のことさえ忘れていく妻の夫婦の話

病気の妻を献身的に支える夫と、夫のことはもちろん自分のことさえ忘れていく妻の夫婦の話







病院へ出かける際に、妻が保険証を忘れていることに気付いた夫。よく見ると、妻は部屋着のままで着替えてもいない。用意を済ませ、漸く出かけるとなった時、妻は言います。「あなた誰だっけ…?」。そう、妻は脳に障害があり、記憶をなくしていく一方だったのです。夫はやりきれなさを飲み込み、冷静に病院への付き添い役だと説明しますが…。夜に目覚めた妻は、隣で眠る夫はもちろん、自分のこともわからず街へと出てしまうのでした。

病気の妻を献身的に支える夫と、夫のことはもちろん自分のことさえ忘れていく妻の夫婦の話

みんなの反応















病気の妻を献身的に支える夫と、夫のことはもちろん自分のことさえ忘れていく妻の夫婦の話

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です