想いは伝わっているのだと知らせることすらできない悲しみ。

想いは伝わっているのだと知らせることすらできない悲しみ。







好きな相手に何度もラブレターを書くクラスメイトの女子に、溜息を吐く男子。まるでからかうように、返事などきたことがないのに空しくないのか、ほかに好きな人を見つけた方がいいんじゃないのかと言う男の子だけれど……。

想いは伝わっているのだと知らせることすらできない悲しみ。

みんなの反応















想いは伝わっているのだと知らせることすらできない悲しみ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です